甘奈 ss。 大崎甘奈「えっちなのはいけません!」 : アイドルマスター シャイニーカラーズ SS

『シャニマス』SSR【お散歩サンライト】大崎甘奈が登場

・ SPノートは拾ったらすぐ始める 「シーズン終わりに貰えるノートは獲得アによって偏る。 ただ、もっといい編成とか、伸ばしポイントはありそうですね。 ストーリーが壮大で、毎回続きが気になっちゃうんだ」 P「なるほど。 」 甘奈「うん!一人で食べる甜花ちゃん偉い」 甜花「... 収集係のアタシが先生に怒られちゃう」 甘奈「りょーかい。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 」 もきゅもきゅごっくん 甜花「... 何かあったのかな? ただ、甜花、いっつもなーちゃんに迷惑... それに、こうすれば仕事をいつもより頑張れるらしいから」 甜花「うん……甜花、もっと頑張れる……」 甘奈「……」 甘奈(やっぱり甜花ちゃん、プロデューサーさんのこと……) P「あ、口周りに食べかすがついてるぞ」フキフキ 甜花「わぷ……ありがとう、プロデューサーさん……」 甘奈(っていうよりは、お兄ちゃんと妹みたい。 まずこれが……」 甘奈(甘奈の耳元で声がする! プロデューサーさんの声が……!)ドキドキ P「まあこんなとこだ。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• やっぱりあたしがいないとの追撃まで見えるようだ。

Next

【シャニマス】評価値育成のススメ【SS達成記念】

明日には出すね」 女子生徒B「頼んだよ。 」 甘奈「だって嬉しいんだもーん。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年10月25日 00:32• こがたんがアホな事やってる間にどんどんまずい事になってるぞ• おかしいな... ここは簡単に動きを見極められる。 各ステータスで査定が付くタイミングは500まで50刻み、500以降は100刻みだったと思います。 もたれたり、手を握ったり) 甘奈(そ、そこまでするのは流石にダメだよね……! ゲームしてる最中だもん、邪魔になっちゃう) P「……」ポチポチ 甘奈(……なんか、眠くなってきちゃった。 きっとプロデューサーさんのことを、甘奈は……) 甘奈(うん。

Next

大崎甜花 (おおさきてんか)とは【ピクシブ百科事典】

」 ???「ちょっとそこの男子!!!甜花ちゃんに何してんの!!!」 男子生徒AB「おわっ!?やべぇ妹来た。 操作の仕方はわからないよな? 教えるよ」 甘奈「ありがとう」 P「難しそうに見えるけど意外と簡単なんだ。 ごめんね」 甘奈「全然めーわくなんかじゃないよ。 後でプロデューサーさんにも差し上げますね」 P「おお、ありがたい」 甜花(プロデューサーさん、しっかり道路側歩いてるね……) 甘奈「甜花ちゃん、二人の会話聞き取れる?」 甜花「それは駄目……楽しそうなことしか分からない……」 甘奈「会話が聞こえる距離まで、近づいてみよっか」 甜花「でも、これ以上近づくと……バレちゃいそう……」 甘奈「そ、そうだよね。 アマナァがタイムマシンやら赤いキャンディ青いキャンディを発明するのはまた別のお話• そうじゃなくて... メンタルダメージカットやメンタル回復がそれにあたりますね。 これだ) P(こうすることにより、本を取り出して開かない限りバレることはない) P(代わりのデメリットとして辞書一冊につきDVD一本とコストがかかるが……バレるリスクを考慮すれば安いもんさ) P(さらに辞書の置き場所を本棚の一番上の段、甘奈が踏み台を使わないと届かない場所に置く徹底ぶり。 なんというか、ありがとうな」 甘奈「まあ、謝られるよりはお礼言われるほうがいいかな」 P「本当、ごめ……ああ、もう言わないほうがいいか。

Next

【シャニマスSS】甘奈「甘奈たちのステキな進路」|エレファント速報:SSまとめブログ

恥ずかしがる甜花ちゃんかわいー」 甘奈「甜花ちゃんはこんなに可愛いんだし、甘奈みたいにならなくてもいいと思うなー」 甜花「そうだよね... 関連項目• 本気で思ってそうで怖いわ。 ごめんなさい... 2019年10月25日 10:51• 甜花ダメダメだから... だって……こんな姿のプロデューサー、他の誰も知らないでしょ?」 P「まあ、事務所の誰かに見られたのは甘奈が初めてだな」 甘奈「だから、誰にも言いませんっ」 P「肉まん、うまいな」 甘奈「話の逸らし方、下手だね」 P「大人をからかうんじゃない」 甘奈「えへへ……大人、かあ」 P「甘奈?」 甘奈「プロデューサーさんもさ、やっぱり、大人だからそういうことに興味あるんだよね」 甘奈「甘奈はまだ、そういうのはあんまりわかんなくて。 次のお店行こうか」 千雪「? はい、分かりました」 P(チラッと見えた二人組……気のせいか?) 甘奈「甜花ちゃん!」 甜花(……! 意識が……飛ぶところだった……) 甜花(……実は半分くらい、飛んでたのかも……でも……) 甜花「なーちゃん……大丈夫……ちょっとフラッとしただけ……」 甘奈「無理しちゃダメ! 全然大丈夫に見えないよ……!」 甘奈「こういう時は……えっと……!」 甘奈「水分補給して……それから……! でも、その前に救急車を……」 P「落ち着け、甘奈」 甘奈「……! プ、プロデューサーさん!? どうして……」 P「担当アイドルの様子がおかしかったらすぐに気づくさ」 P「そんな事より甜花だ。 明日には出すね」 女子生徒B「頼んだよ。 71 ID:hTIxFJgb0 甘奈(そっか。 98 ID:hTIxFJgb0 甜花「時間がきたら、ゲームやめて片づける……」 甘奈「わかった。 繋がりでもある• プロデューサーさんにお仕事のお話があるので」 P「仕事の話ですか。

Next

『シャニマス』SSR【お散歩サンライト】大崎甘奈が登場

」 zZZ 甘奈「言ってる側から寝ちゃった。 プロデューサーさんお手本見せてくれる?」 P「お手本? いいけど」 ギュッ 甘奈「……」ドキドキ P「よく見ててくれ。 ダメ?」 P「ダメじゃないけど」 スッ 甘奈「っ!」 P「よし、リベンジするか」ポチポチ 甘奈「……」ドキドキドキ P「そういえば甜花、遅いな。 千雪、水分補給の準備を頼む。 恥ずかしいよ... まず千雪のことですが……」 P「Daを上げたかったんです」 葉月「へ? Da?」 P「甘奈のコーヒーも同じくですね」 P「Daを上げたかったんです」 葉月「???」 P「Daを上げたかったんです」. ないように... 甜花ダメダメだから... この前のブックカフェの記事から、本屋慣れしてるのが伝わってきたよ」 P「思えば、俺が読書するようになったのも甘奈くらいの歳の時だったかな」 千雪「昔はそこまででも無かったんですか?」 P「自分の世界の狭さを自覚することがあってな。

Next

【シャニマス】大崎甘奈(おおさきあまな)のプロフィールや声優・カード一覧

上手くいったー、よし!って育成ができたら目に見える数字で結果がでます。 甜には日頃から世話を焼いており、作中の描写では もはやの域だが、それを嬉々として行っているさまはわりと。 かけてるから... ステージ映えもしそうだ」 千雪「さすがプロデューサーさんですね。 実際、僕も最近まであまり理解してなくて挑戦してませんでした。 WINGで優勝してから、やっぱり世間からの知名度も上がったよなぁ」 P(こうしてテキトーにネット見てるだけで名前を見るなんて、プロデューサーとしても鼻が高いよ) P「どれどれ、内容は」 『283プロアイドルに激似って話題のAVが出てるらしいぞ』 P「!?」ブーーッ P「な、なんだこの書き込み! AVって、嘘だろ……いや、でも同調してるレスもあるな……ということは、マジなのか?」 P「本物が出てるわけないし、そうなるといわゆるそっくりさんか……確かに、有名になった証ではあるかもしれんが……にしても、うちのアイドルに激似って売りのAVはちょっとなぁ」 P(というか、マジならせめてタイトルくらいちゃんと載せてくれ……気になってしょうがないぞ。 それらを纏めて無謀で括る、誰が仕組んだ地獄やら、幸福論家族が嗤わせる。 最近では 「アイスが注文できると思わなかった」とも。

Next

【シャニマス】甘奈「付き合ってます…から…」

なーちゃん」 甘奈「あっ、ごめん起こしちゃった?」 甜花「... に所属し、・と共に3人組アイドルユニット 「」を組む。 教科書持って行ってあげるって言われただけだから... 16 ID:hTIxFJgb0 甘奈「……」ポチポチ 甘奈(うー、プロデューサーさんが気になってゲームに集中できない) P「お、中ボスがきたな」 甘奈「この大きいの?」 P「ああ、なかなか強いぞ。 「甜花ちゃんの魅力はまだまだこんなもんじゃないんだー、そのことを…一番知っていたのは甘奈のずなのに。 2019年10月25日 22:49• あまりに卑しかアイドルが増えたらこがたん声枯れるで• 気にしてないならいっか」 甜花「あ……なるほど……」 甜花「……なーちゃん、えっち……」ボソッ 甘奈「!?」 甜花「今の言葉で、そういうこと想像するなんて……えっち……」 甘奈「え、ええっ、えっちじゃないってっ! 誰が聞いてもそう思っちゃうよっ! 甜花ちゃんだって気づいたでしょ!?」カァァ 甜花「甜花は、よく考えてから気づいた……一方なーちゃんは……」 甘奈「甜花ちゃんは無意識だったから気づくのに遅れただけだよ!」 甜花「えっち……」 甘奈「甘奈えっちじゃないもん!」 P「あっ」チュインッ 甜花「あー、残念……一機減っちゃった……」 P「くそー悔しいな。 。

Next

『シャニマス』SSR【お散歩サンライト】大崎甘奈が登場

いつか離れなきゃなんて分かってるよ。 ここんとこ卑しかランキングの変動激しすぎない?• ちょっと、眠いかも... なーちゃんいっつもテキパキで... 評価値育成はSPが肝も肝なのでSPノートは何冊あっても困りません。 まだ話してるんだ) はづき「何度も確認しますけど、下心があって、甜花ちゃんと甘奈ちゃんを膝に乗せていたんじゃないんですね~?」 甘奈「!」 P「はい、子供と接してるような感じで……その気は全くありません」 はづき「信じがたいですけどね~。 せんじんのたに?だっけ?ライオンの気持ちでさ、早いうちにドーンってしといた方がいいんじゃない?」 甘奈「うーん... 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• ついに迎えたW. 食べにくいかな... ここまでカモフラージュを重ねれば……バレる可能性すら存在していない). 「プロデューサーさんは、ずっと甘奈と甜花ちゃんのこと、傍で見てきてくれたよね」 「これからも、甘奈たちのこと…よろしくお願いします」 タッチ集 <親愛度 低>• 無能、怯懦、虚偽、杜撰、 どれ一つ取ってもアイカツでは命取りとなる。 甜花のことは 「甜花ちゃん」と呼ぶ。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 誰か教えて) それと500の査定はちょっとだけ他より査定が高くなりますね。 もう、ほどほどにしないとダメだぞっ! 80 ID:hTIxFJgb0 P「そうか?」 甘奈「うん」 甜花「じゃあ……甜花、行ってくる……」 タタタタ… P「……」 甘奈「座るね」 P「どうぞ」 甘奈「失礼しますっ」ポフッ 甘奈(ホントに座っちゃった……プロデューサーさんの膝の上に……)ドキドキ P「えっと、これコントローラー」 甘奈「……」 P「甘奈?」 甘奈「ふぇっ!? な、なに!?」 P「コントローラーだよ。

Next