やる気 が 上がる 8 つの スイッチ。 レビュー「やる気が上がる8つのスイッチ」|IWAO|note

【やる気が上がる8つのスイッチ】モチベーションが上がらないサラリーマン

自分の持ち味で勝負するとよさそうです。 治療法• 「証明マインドセット」を持っている僕が、「東大」を目指したのは必然だといえます。 では、後半では8つのタイプのどれになればいいのかを 話していきますね どろん  ̄人 ̄。 具体的な指示を与える• 臆病者• やる気のフォーカス• 回避フォーカス• 病気と同じで、それぞれの症状に合った方法で処置が必要です。 自信 これらの3つの軸が組み合わさって形成されるタイプで分類されています。 タイプ別に診断結果が書かれていて、そのタイプのやる気スイッチがどこにあるのかがわかります。 8つのタイプとは? 3つの質問から分類します。

Next

やる気が上がる8つのスイッチを読んでみた1/2

Twitter. 治療法• 以上をまとめると やる気を高めるための方法は次の2ステップです。 人生の目的を明確にする• 自信は必須の要素。 アの宝庫であり革新的である• で、タイプは少しおいておいて。 でも上手くなろうと、努力はしない。 基本形は次の通りです。 その為、人は他人と比べたがる生き物のような気もします。 自分が会社の代表をやっていたときも、能力を証明しようとしてくる人いましたね。

Next

【書評・要約】やる気が上がる8つのスイッチ〜心に火をつける方法〜

獲得フォーカスは仕事を先延ばしにするが、回避フォーカスの人は最初から時間を多めに見積もり、期限までに仕事を完了させようとする• まずタイプを分類する軸を解説しています。 その答えがもし 「優秀だから」「センスがあるから」などという答えのときは要注意です。 突然ですが、 「やる気」って不思議ですよね。 今回の記事では全て話すと長くなってしまうので「破滅的なやつ」と「最高の仕事人」を話していきます。 成長マインドセットをまず初めに持つようにするということは肥沃な土地に種をまくようなものです。

Next

やる気の起こし方は人によって違う?『やる気が上がる8つのスイッチ』│明日につながる読書 あすどく

回避思考な人は、「質」勝負に強みを発揮します。 最小の投資で最大のゲインを得ようとする 明らかに自分の能力に自信が持てない タイプ2 うざい奴• 他人と比べるより自分自身と比べるのが成長マインドセットであってこういう人の方が粘り強く頑張り続ける特徴があるそうです。 技能と成功の相関係数は0. マインドセット• バランスが大事• このときに必要なのが、 自分自身のありたい姿とか、実現したい目標とか。 残りの2つは 最高の仕事人という分類をしていました!これについて話していこうかなと。 その過程でミスはあるかもしれませんが、ミスなんて誰だってします。

Next

読書メモ

すべてに飛びつく• 地頭は良いんだ。 証明マインドセット(自分の能力を他人に良く見せ付けようとしがち)• でもすぐに挫折します。 サーベイによくある真ん中のよくわからないがないので分類しやすいです。 治療法• 最も力を発揮しやすい状況を整えましょう。 小さい頃から母に言われていたため普段生活している中で 他人と比べない、という事の大切さは何となく思ってたけど、自分の成長にフォーカスする事がとても大切と気づかせてくれた本でした! 『やる気が上がる8つのスイッチ』の感想 ここからは、僕が本書を読んで思ったことをまとめました。 5)自信は目標を達成するために必要な要素 自分で自分が目標を達成する力があると信じることで、「自己効力感」と呼ぶ人もいるようです。

Next

ハイディ・グラント・ハルバーソン の「やる気が上がる8つのスイッチ」を読んでコストのかからない人生を送ろう

第2段階 スキルと自信をつける 獲得フォーカスを持つ人たちはOJTを好みます。 我々は証明or成長のどちらかのを持つ• 良く言えばバランスが取れている、悪く言えばどっちつかず、といったところでしょうか。 獲得フォーカスはスピードを尊び、回避フォーカスは正確さを重要視する• やる気が上がる8つのスイッチを読んで気づいた事 やる気が上がる8つのスイッチ~コロンビア大学のモチベーションの科学~を読んで気づいた事は大きくまとめて3つあります。 「失敗したらどうしよう(挽回策を用意して、万全に準備しよう)」 「失敗したらどうしよう(周りから責められ、ダメ人間扱いだ…)」 いかがでしょうか。 能力があればなんでもできるというような考え方は捨て去り、困難や難関にぶつかった時に逃げたり手取り早く解決しようとするのではなく、腰を据えてじっくり取り組むことが大切。 3.時間が掛かっても前に進み続ける 回避思考の特徴は、 とにかく時間が掛かることです。

Next